<< 懐かしい動画☆ | main | GWしてきたパート1箱根 >>

スポンサーサイト

2016.10.05 Wednesday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    |-|-|-|-|by スポンサードリンク

    ふたばCUP2015★@和光樹林公園☆

    2015.10.25 Sunday
    0
      行ってきました フタバCUPSMILY
      なんとスムーズに1時間前に辿り着いた埼玉県和光市の和光樹林公園車きらきら

      今回は無事に間に合いました手

      前日まで出れるレベルじゃない事。
      ぶっちゃけルーティンの組み方がいまだにわからない事。
      人前が苦手な事。
      いろいろ悩んでたけど、

      大好きなYUKIちゃんも出るし、藤井さんにも声を掛けていただいたこともあり
      楽しむことを目的にエントリーすることにハート

      スケボーを辞めてたつもりはないけれど(←ココ大事エクステンションw)
      復帰するには良い機会。

      多分3年ぶり??の大会うさこ
      大会用の練習もしてなければルーティンなんて組んじゃいない
      てか、何が出来るのDocomo108ってレベルの滑りしかできないけど、まぁいいや。
      参加することに意味があるw

      結果、
      ガイ任垢素敵アイテム頂きましたき

      そして参加したことにちゃんと意味があった。
      と思う。
      1つは久しぶりな良いド緊張感w

      もう一つは会話。
      人と話すこと自体苦手だけど、話してしまえば楽しい音符

      詳細は省くけど
      自分の中でずっと思ってた自分のスケートって中途半端だなって思い。

      MO1さんから有難い言葉をいただいたり、
      カウント終わった後にトリックをメイクするチャンスを貰えて
      それをメイク出来た時の達成感を味わえたり、
      初めてちゃんと会話したライアンから
      ヘッポコ滑走TO最後のチャンスで決めたクロスフット50-50キャスパーを
      褒めてもらったり
      素直に嬉しかったほっしぃ
      自分のスケートスタイルの考え方を少し変えてもいいのかなと思えた。

      あとは他の人の滑りを観て刺激を受けた事。
      これは自分の成長とモチベーションUPにとても必要びっくり
      盗みたい・練習してみようと思えるトリックが増えたりして

      最後に
      大会に出る時、尋常じゃないあがり症なあたし。
      でも緊張感を持ち続けること、上がったままでいる事が大事。
      それがレイルスタンドで笑えるほど足がプルプルしていてもw
      何十年も一緒に生きてきたあがり症、緊張感なくなったらバランスが取れなくなる
      っぽい。

      1回目の滑走は、
      上がりまくりだったけど、迷走なし。
      2回目の滑走は、
      緊張感が少しほぐれてしまい迷走w
      あたしの緊張をほぐしてくれたコウの癒し効果は半端ないハート

      とにかくエントリーして良かったにた
      とっても楽しく滑れましたにた

      みなさんお疲れさまでした&ありがとうございましたSMILYハート

      てことで、
      大会の結果はこちらkamuleheart


      めでたし。
       
      sk8comments(0)trackbacks(0)|-|by J U N

      スポンサーサイト

      2016.10.05 Wednesday
      0
        |-|-|-|-|by スポンサードリンク
        コメント









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
         
        Others
        プロフィール サイト内検索
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        新しい記事 コメント
        アーカイブ カテゴリ
        リンク モバイル
        qrcode
        オススメ Others ムームードメイン
            

        ページの先頭へ